マイナス金利って何?私たちの預金との関係

経済
eed4fd5154248f8ec3a11b75dd6bd722_s

最近よく聞くようになったマイナス金利という言葉。まさか預けてある預金がマイナス金利に!?と思われる方もいるかも…。結論から言えば、私たちの預金の金利がマイナスになることはありません。しかし、今よりも預金でもらえる金利は少なくなってしまいます。今回、マイナス金利とはいったい何なのか、導入の経緯や狙いなどについて取り上げてみたいと思います。

目次

マイナス金利って何?

2月16日、民間の銀行が新たに日銀に預けるお金の一部にマイナス金利が適用されました。
あくまで民間の銀行と日銀の間のお話なので、私たちの預金の金利がマイナスになることはありません。
普通ならお金を銀行に預けると利息がもらえますが、マイナス金利だと利息分を手数料として銀行に支払うことになります。

マイナス金利の導入までの経緯

民間の銀行は日銀に預金口座を持っており、預けているお金のことを日銀当座預金といいます。
マイナス金利導入前までは、その内訳は大きく二つに分けられていました。

一つ目は、法定準備金といって、民間の銀行が預金者のお金の保護のため、集めた預金に応じた一定の金額を日銀の口座に預けなければいけないお金です。ここには利息は付きません。二つ目に超過準備金というものがあり、法定準備金を超えて預けられているお金です。この部分に対しては、日銀は0.1%の利息を付けていました。

超過準備金に利息をつける制度はリーマンショック以降に導入され、現在は事実上民間の銀行への補助金となっています。日銀は以前から民間の銀行から国債を買い取り、お金をたくさん銀行に供給して超過準備金を増やしていました。

銀行にお金を余らせ、自由に使えるお金を増やすことで、積極的に銀行が企業や個人にお金を貸し出すだろうと期待していたのです。それによって、消費や投資が増えて景気が回復することを狙っていました。

しかし、民間の銀行は、リスクを負って企業や個人に貸し出すことに慎重になり、日銀の口座に預けるほうが安全に利益を出せるために積極的に貸し出そうとはしなかったのです。また民間の企業や個人からの貸出の需要もそれほど増えず、
こうしてさらに運用先のないお金が日銀の当座預金口座にどんどん増えていくことになりました。

マイナス金利によってどう変わる?

2月16日に導入されたマイナス金利によって、民間の銀行は新たに日銀に預けるお金には手数料を支払うことになりました。
また日銀の口座からお金を引き出して現金として持っていても、日銀が定める基準を大きく超えた場合には、その分にもマイナス金利が適用されることになります。損をしてしまうことを避けるため、民間の銀行はより積極的に企業や個人に貸し出すことが期待されています。

マイナス金利は日銀の預金額のすべてに適用されるわけではなく、今まで預けられていたお金にはこれまで通り利息がもらえます。日銀に預けなければいけない法定準備額等もこれまで通り利息は付きません。あくまで新たに預けられるお金にのみ適用されることになります。

どうして預金の金利が下がるの?

マイナス金利導入以前から、預金の金利は0.02%と低い状況が続いていました。現在は、銀行の預金の金利は軒並み0.001%に低下し、100万円預けていたとしても年10円の利息になっています。預金の金利の引き下げについて取り上げる前に、そもそも銀行がどのようにして金利を決めているのかを確認しておきたいと思います。

銀行は基本的には自由に貸出しや預金の金利を決めることが出来ますが、利益を前提として他の銀行との競争や銀行同士の貸し借りの際の金利等を考えて決めています。

銀行はお客さんからお金を預かり、利息を支払っています。この預けたお金に対する利息の比率を預金金利といいます。そして預かったお金を、他のお金を必要としているお客さんに貸し出します。銀行は貸し出したお金に利子をつけて将来お客さんに返してもらうのです。この貸し出す際の利子を貸出金利といい、銀行は貸出金利によって得られる利益から、支払わなければいけない預金金利を引いた利益(利ざや)を主な収益源としているのです。

民間の銀行はお客さんからの預金だけでお金を調達しているだけでなく、他の銀行ともお金を貸し借りし合っています。お金が足りないときは金利を払ってお金を貸してもらい、お金が余っているときには貸し出して利息をもらうのです。

今回のマイナス金利で、民間の銀行は余っているお金を、低い金利でも他に貸し出そうとしたことで銀行間での金利、企業や個人への貸出しの金利も低下しました。貸出しによって民間の銀行が得られる利益は少なくなってしまいますから、それに応じて銀行側がお客さんに支払う預金の金利も低下しました。

マイナス金利の今後

マイナス金利導入で景気が回復するのか否かについては、導入から二か月が経った今でも意見が分かれています。マイナス金利の影響によって住宅ローンの金利の低下、それに伴う住宅購入や住宅ローンの借り換えの動きが進んでいる一方で、地方の銀行等の収益の悪化も指摘されています。これらが経済全体にどのような効果となって現れてくるのか、今後の動向が注目されています。

関連記事