これだけは知っておきたい!電力自由化のメリットとデメリット

経済
6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

 今年の4月から始まった電力自由化。企業が新しく電力事業に参入できるようになり、電力会社も自由に選べるようになりました。もしかすると、あなたの家庭の電気代が今よりも安くなるかも…。

 一方で、選んだ電力会社が安定して電力を供給してくれるのか、不安に思われる方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、電力自由化によるメリットとデメリットについて取り上げてみたいと思います。初めて聞いたという方も、これだけ知っておけば大丈夫!?

そもそも電力自由化とは?

 これまでは関東に住んでいるなら東京電力といったように、地域ごとに担当する電力会社が決まっており、私たちが自由に電力会社を選択することは出来ませんでした。

 こうしたなかで、電力自由化によって新たに電力事業に他の会社が参入できるようになり、他の地域も含めた複数の電力会社から契約会社を自由に選べるようになりました。

 新しい電力会社は、これまで大手の電力会社が行っていた電気を作る「発電」、各家庭に電気を届ける「送配電」、電気を販売する「小売り」という三つの事業のうち、発電と小売りの二つに参入できるようになったのです。

 今では300社以上の電力事業者が電力事業に参入しており、電力会社同士での競争のなかで、電気代が抑えられることや、新しい技術が生まれることが期待されています。

家庭の人数や電気の使用量が多いほどお得になる!?

 各電力会社の料金プランは、4~5人家族で電気の使用量が多い場合に、一年間で一万円前後お得になるプランなど、電気の使用量が多い家庭ほど安くなる傾向があります。

 それに加えて、今まで以上に生活スタイルに配慮したプランも増え、昼の電気代が割高な代わりに夜の電気代が安くなるといったプランも存在します。自分の生活スタイルにあったプランで電気代をよりお得にできるようになりました。

 また、新規参入企業には東京ガスなどのガス会社や、コンビニ、ドコモやソフトバンクといった電話会社もあり、ガスや携帯電話料金とのセット割引やポイントの付与など、電気料金の値引きだけではないお得なサービスもあります。

一人暮らしにはあまり恩恵がなく…

 一方で、一人暮らしの方や電気をあまり使わないご家庭の場合は、かえって電気代が高くなってしまう場合もあります。
それらのケースの場合は、世帯数問わず料金を一律に割引している電力会社の料金プランを選ぶこともできます。ただ割引率はそれほど高くなく、他の電力会社に乗り換えるメリットはそれほど大きくありません。

 また携帯やガスとのセットメニューを利用する場合、二年間の契約期間が必要な場合があり、途中で解約してしまうと違約金として手数料を支払わなければならなくなってしまいます。料金プランを選ぶ際にはこうした点に気をつけておきたいところです。

新しい電力会社は安定して電気を送ってくれるの?

 せっかく新しい電力会社に変えても、停電しやすいのであれば困りもの…。
でも実際には、電力会社によって停電しやすいといったことはありません。

 電気を届けるのに使われる送電線を管理しているのは東京電力などの大手電力会社であり、契約した新規の電力会社が倒産したときや、発電量が足りずに電力不足に陥ったときには、大手の電力会社が、一時的に代わりの電気を供給する仕組みが出来ています。

 その際の料金プランは、これまでの大手電力会社のプランに自動的に切り替わりますので、この点についても心配はありません。これは次の電力会社に乗り換えるまでの一時的なものです。

 以上のことから、新規の電力会社だからといって品質が悪かったり、停電しやすかったりするということがなく、実際にデメリットとして損をしてしまうことはないでしょう。

電力自由化はまだまだこれから?

 電力自由化が4月に始まってから一か月が経ち、4月末時点で電力会社の切り替え件数は全国で82万件に上っています。ただ総契約数の1.3%とまだそれほど切り替えが進んでいるわけではありません。

 メリットがあるといっても電気代が今と比べてどれほど安くなるのか、電気代以外にどれだけのサービスが付くのかが重要です。家庭の世帯数や電気の使用量を入力すれば各電力会社のプランを比較してくれるサイトもあるので、電力会社を選ぶ際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事